光文社新書刊行1000点突破を記念しての「#光文社新書この一冊」に、たくさんのご応募をいただき、どうもありがとうございました。

 

専用ウェブページ、ツイッター、丸善日本橋店「日本橋BOOKCON 2019」での投票を集計した結果、光文社新書大賞は『バッタを倒しにアフリカへ』(前野 ウルド 浩太郎著)に決定しました! 前野さん、おめでとうございます! ご投票いただいた皆さん、どうもありがとうございました!

 

ベスト5は以下のような結果です。

1位 バッタを倒しにアフリカへ 前野 ウルド 浩太郎
2位 その落語家、住所不定。 立川こしら 
3位 「育休世代」のジレンマ 中野円佳 
4位 品切れ、過剰在庫を防ぐ技術 山口雄大 
5位 世界一美味しい煮卵の作り方 はらぺこグリズリー 

 

これらの詳細は、5月10日から「1000点突破記念フェア」開催書店で無料配布する冊子「#光文社新書この一冊」に掲載します(数には限りがあります)。また、こちらの冊子の電子版も、5月末から各電子書店で無料ダウンロードできるようになります。

 

この冊子には読者の皆さんの投票内容のほかに、光文社新書の著者、出版関係者の一押し光文社新書が、熱いコメントとともに掲載されています。ブックガイドとしても、ぜひご活用ください。

 

 

さて、予告通り、ご投票いただいた中から20名様に1000点記念突破Tシャツを差し上げます。厳正なる抽選ののち、後日、担当者からサイズ確認メールをお送りいたします。図柄は以下の3種類のいずれかになります(「アラン・チャン氏デザイン光文社新書シンボルマーク」、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』『バッタを倒しにアフリカへ』をモチーフにした図柄。プレゼントで図柄は選べません)

 

 

また、このTシャツは、下記の書店でも販売いたします。

 

※販売書店リスト

 

光文社ウェブサイトでも販売予定ですので、決まり次第ご案内いたします。

 

さらにさらに、5月10日から全国の書店で行われる「1000点突破記念フェア」の対象書目をお買い上げいただきますと、プレゼント応募券が付いています。そちらを切り取ってご応募いただきますと、抽選で5名に同じTシャツが当たります。ぜひお運びください!