PICK UPピックアップ

  • 2021/03/08

    コロナ禍の今こそ渋沢栄一から学べ!この大転換期を乗り越える方法

      「日本経済の父」と呼ばれ、その功績から1万円札の次の顔に内定している渋沢栄一。2021年度大河ドラマの主役にも選ばれたことで今、その生涯に注目が集まっている。幕末から近代化へ向かう目まぐるしい時代を生き抜いた男の根幹にあった思想とはいかなるものか?『渋沢栄一に学ぶ大転換期の乗り越え方』(光文社新書)は、彼の残した名著『論語と算盤』と『論語』そのものを題材に、現代の生き方やビジネスのあ

  • 2021/03/08

    日本の性教育は「まずい」? これからの時代に求められる性教育とは

      日本の現役世代は、壮年と若年、大卒と非大卒、男性と女性など、それぞれの生きている状況で見ている世界が違うらしい。そんな環境において「性」の常識を共有するのは難しいかもしれない。でも、そうは言っていられない。いまや性に関する知識は、責任ある大人として生きていくためには必須のものなのだ。性について無知でいることは、他者とのコミュニケーションに問題を生じさせるばかりか、相手を傷つけてしまい

  • 2021/03/08

    <アラサー処女妻、妊活はじめました(6)>そんな検査器具、入らないって!

    2月25日発売の実話コミックエッセイ『奥さまは処女』。処女のまま26歳で結婚し、処女のまま夫婦間のセックスレスに突入した「うなぎ」さんによるコラムを、本書より抜粋してお届けします。     前回記事はこちら 【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】   男性経験がない場合、肛門からプローブを入れるのはメジャーな方法らしいのですが、前回の内診で、先生に

もっと見る

STAND立ち読み

  • 2021/02/26

    奥さまは処女

    著者:うなぎ(原作) 梅林イクミ(漫画)

    「なんで私は“普通”のことが“普通”にできないの――」 29歳処女妻が妊活してみたら、衝撃の展開が待っていた。 2017年から始まった妊活迷走期を赤裸々につづる、実話コミックエッセイ。

  • 2021/02/25

    成功したいなら誰かの「推し」になれ

    著者:越前リョーマ

    誰かの「推し」になることで、 自分だけではたどり着けなかった場所まで のぼりつめた男が明かす“圧倒的”勝ち方とは?   歌舞伎町で圧倒的知名度を誇るカリスマホスト・越前リョーマ。 有名誌モデルのホストがそろう歌舞伎町屈指の最高級ホストクラブで、8年連続売上&指名本数ナンバー1の記録を誇り、今もなお連続記録を更新し続けている。   「大金を払ってでも会いたい」「推したい」と思わせ

  • 2021/02/24

    図解版 日本史は逆から学べ

    著者:河合 敦

    なぜアメリカは日本を開国させたかったのか? なぜ豊臣秀吉は天下を統一できたのか? なぜ武士が権力を握るようになったのか?   近現代から古代まで「なぜ?」でつないでさかのぼれば、歴史の要点がよくわかる! 「教科書よりも読み込める!」と大反響。シリーズ累計6万部突破の文庫を、図説たっぷりでリニューアル。   大人気歴史講師による、大人の学び直しに最適な一冊です。 ◎各時代の社会・

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

  • 2021/03/02

    安藤美冬「偶然でつながった奇跡のチームワークから生まれた本」

    1月20日に発売された安藤美冬さんの新刊『新しい世界へ』(光文社)の出版記念オンラインイベントが、1月29日の夜、獅子座満月の日に開催されました。安藤さん自身が語る「人生にブレイクスルーを起こす方法」に続き、後半では、編集担当・千、編集協力・岡部との制作秘話&視聴者からのQ&Aコーナーをお送りしました。(前編よりお読みください)     びっくりするような“シンクロニシティ”の

  • 2021/03/01

    安藤美冬さん出版記念イベント「人に会えない今こそ、自分と向き合う絶好の機会」

    1月20日に発売された安藤美冬さんの新刊『新しい世界へ』(光文社)の出版記念オンラインイベントが、1月29日の夜、獅子座満月の日に開催されました。当日は、100名以上もの読者の方が参加。「人生にブレイクスルーを起こす方法」というテーマで、本の内容はもちろん、書ききれなかったことまでより詳しく聞くことのできる贅沢な時間になりました!     おそれについて本を書くという構想は20

  • 2021/03/01

    【3月19日から3月28日まで】伊東楓『唯一の月』出版記念、原画展の開催が決定!

    『唯一の月』 伊東楓/著   元TBSアナウンサーで絵本作家を目指すためにドイツ移住を発表した伊東楓さんの初めての著作となる『唯一の月』が3月19日に発売となります。 今回その出版を記念し、原画展の開催が決定しました。 書籍に収録された幻想的かつ写実的で美しい絵の数々を実際にご覧いただけるほか、書籍・原画の販売も予定しております。   本の予約はこちら   開催期間:

もっと見る

SERIES連載

  • 2021/03/05

    第8章 DNA(2)沈黙

    『移植医たち』では移植医療、『セバット・ソング』では児童自立支援施設。谷村志穂が次に手がけるテーマは最先端の生殖医療。 幸せをもたらすはずの最先端医療が生んだ“かけ違え”。日本と韓国、ふたつの家族、母と娘……二人の女子学生の人生が未来が翻弄される――――。 ※本記事は連載小説です。   第8章  DNA(2)沈黙    タビケンの部会が、久しぶりに開催された。今年の医師国家試験

  • 2021/03/05

    第九回「コレットのにげたインコ」 

    私事ですが、先日3月3日にフルアルバム「新しい花」をリリースしました。連載の中では音楽の話はあまりしていませんが、そうなんです、私の本業はミュージシャンです。アルバム発売の時期になると、その作品のプロモーション活動でたくさんのラジオ番組に出演させていただきます。北は北海道から南は九州まで、生出演もあれば収録、コメントのみ送らせていただくこともあります。いずれにしても番組側から台本を事前にいただき、

  • 2021/03/01

    森の中へ(前編)ナルニア国物語【第10話】

    世界中で愛されるファンタジー大作「ナルニア国物語」(光文社古典新訳文庫)がマンガになりました! 現代の少年少女も大人も楽しめる、読みやすく格調高い文体の新訳版を、繊細かつ大胆な画力で描きます。     著者 C・S・ルイス CLIVE STAPLES LEWIS 訳者 土屋京子(つちやきょうこ) 作画 玉樹庵(たまきいおり)  

もっと見る