PICK UPピックアップ

  • 2020/07/11

    「リアルに私のこと」を織り交ぜたと桜木紫乃さんが語る家族小説|最新刊『家族じまい』

      桜木紫乃さんの新作は家族を真正面から描いた長編小説です。「私自身、月単位で変わっていく家族の問題を背負い込む年齢になりました。自分と自分を取り巻く環境を知りたかった」と執筆の経緯を語る桜木さん。老いと家族のありようを考えさせられる、極上のエンタメです。   『なぜ自分が小説を書くのか』を、初めて言語化できた気がします   『家族じまい』 集英社    直

  • 2020/07/10

    #BlackLivesMatterのその先 「黒塗り禁止」ではなく、黒が差別を暗示しない社会を目指すこと

    アメリカで広がりを見せる黒人差別抗議運動。私たち日本人にとっても、全く無関係ではありません。しかし人種差別を克服しようとするとき、かつての『ちびくろサンボ』発禁処分や、手塚治虫作品が攻撃された問題など、“順序”を間違えた方法が取られることが多くあります。自身がいじめを受けた過去を持ち、現在、感染症対策の専門家として国際的に活躍する岩田健太郎さんは、その理由を「ゴールを見失っているから」だと話します

  • 2020/07/10

    『曽根崎心中』もう一人の主人公としての大阪

    近松が描いた「観音巡り」     映画であれ演劇であれ、そして、私のように小説であれ、曽根崎心中を元にしたコンテンツを作ろうとした人が必ず頭を悩ます問題がある。   第一段「観音巡り」である。   曽根崎心中は四つの段で構成されている。   『日本古典文学全集〈43〉近松門左衛門集』の表記に従うと、「観音廻り」「生玉の場」「天満屋の場」「道行」であ

もっと見る

STAND立ち読み

  • 2020/07/09

    曽根崎心中

    著者:近松門左衛門/原作 黒澤はゆま/小説

    「お初、さぁどこで死のう」 その答えはもう決まっていた。 「曽根崎の森」 大坂の、大坂の街で死にたかった。   あの人、徳兵衛様と、恋の架け橋を渡って、彼岸に行くことができたらどんなにいいだろうか――。   元禄時代、難波の街。物心ついたころから、廓(くるわ)という特殊な世界で生きてきたお初。醤油屋の手代・徳兵衛に惹かれ、愛し合うものの、途絶えた二人の未来。向かった先は、曽根崎

  • 2020/07/07

    高城式健康術55

    著者:高城剛

    アマゾンの奥地から電気や水道がないアフリカまで飛び回る 「健康マニア」のクリエイター高城剛が、そう簡単には倒れない「ダイハード」な健康術55項目を一挙公開! 各種検査、愛用サプリメント、食事、アイテム…etc. そして「怪しい」と言われる最先端の量子医療まで……。   「食事と環境」が劇的に変わってしまった現代社会を生き抜く術とは……??

  • 2020/07/06

    座右の世阿弥

    著者:齋藤孝

    「いま、ウケることをやる」 「思い込みにとらわれない」 「同じ土俵で戦わない」 「ライバルからも学ぶ」 「経験に頼りすぎない」   仕事に、人生に、必ず役に立つ珠玉の名言たち……   世阿弥(一三六三?~一四四三?)は、室町時代に活躍した能楽師で、二本を代表する演劇人でもある。高尚で近寄りがたい印象もある能だが、当時は多くの人に愛された一大エンタテインメントだ。  

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

  • 2020/07/05

    寂聴さんのあの全国ライブ法話が甦る!至福の時間を再び

      7月3日(金)より開催される「ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐」のFILM FES上映作品として、昨年4月に開催された「瀬戸内寂聴 京都特別講演会」の、映画館上映・インターネット配信が決定しました。当時96歳の単独講演会で、どんなお話が飛び出したのか。寂聴さんの熱いトークと笑いに包まれた至福の時間をぜひもう一度お楽しみください。   ■ライブ・ビュ

  • 2020/05/29

    リクエスト・アンソロジー、3rdシーズン、始まります!

    『朝倉かすみリクエスト! スカートのアンソロジー』『真藤順丈リクエスト! 絶滅のアンソロジー』   「リクエスト・アンソロジー」は、編者がお題を選んで、そのお題の作品を、読みたいと思う作家に「お願い」して書いてもらうというコンセプトの、下から目線のアンソロジーです。   二〇一二年に第一弾として『大崎梢リクエスト! 本屋さんのアンソロジー』『近藤史恵リクエスト! ペットのアンソ

  • 2020/05/13

    【在宅⽀援】カリスマ教育ママの⼈気オンラインサービス「佐藤亮⼦のニッコリ教育サロン」がオリジナルドリルを提供開始

    「佐藤亮⼦のニッコリ教育サロン」(https://satoryoko-salon.jp/)は三男⼀⼥を東⼤理Ⅲ合格に導いた佐藤ママに、教育・受験ノウハウを学ぶ会員制コミュニティクラブです。⼦育て、受験をサポートするママこそ、いつもニッコリ笑顔で、充実した⼈⽣を送ってほしい。 この思いを胸に「メンバーのお悩み回答講座」動画配信、佐藤ママを囲む少数限定のオフ会、佐藤ママとチャットで交流…などさまざまな

もっと見る

SERIES連載

  • 2020/07/10

    第一章 二〇一九年 春 チャンジャンミョン①

    『移植医たち』では移植医療、『セバット・ソング』では児童自立支援施設。谷村志穂が次に手がけるテーマは最先端の生殖医療。 幸せをもたらすはずの最先端医療が生んだ“かけ違え”。日本と韓国、ふたつの家族、母と娘……二人の女子学生の人生が未来が翻弄される――――。   第一章 二〇一九年春 チャンジャンミョン①      電車が地上に乗り上げ、窓に映る線路越しには、黄色い菜の

  • 2020/07/10

    マスク・ストレス【第23回】

    マスク着用は、あと何年?   これから人類は、いつまでマスクをつけ続けないとならないのでしょう……?   とくに夏は気温的に厳しいですが、この先、感染症との戦いが何年続くかわからず、先が思いやられます。医者に取材した人が、「聞いた話ですが、あと50〜60年はマスクし続けないとならないそうですよ」と教えてくれて、気が遠くなりました。   2月頃からマスクを付けはじめ、今

  • 2020/07/10

    第19回 『戦国自衛隊』

      ■『戦国自衛隊』(映画 1979年) 製作:東宝/プロダクション:角川春樹事務所/監督:斎藤光正/脚本:鎌田敏夫/原作:半村良/出演:千葉真一、夏木勲(後の夏八木勲)、渡瀬恒彦、真田広之、成田三樹夫 ほか   地上波のテレビからはほぼ消えた一方で、BS、CS、レンタルショップ、ネット配信などでは膨大な数の作品が見られる時代劇。日本の時代劇を知り尽くした春日太一が、視聴する側

もっと見る